1. トップページ
  2. 会員規約

会員規約

eフレンズ会員規約
第1条(eフレンズ会員規約)

本規約は、第4条にて規定する「eフレンズ会員」が、「生活協同組合コープぎふ、生活協同組合コープあいち、生活協同組合コープみえ(以下、生協といい、eフレンズ会員が所属する生協を指す)」の運営するWebサイト「eフレンズ(以下、当サイトという)」を利用する行為全てについて適用するものとし、eフレンズ会員は本規約を誠実に遵守するものとします。

第2条(規約の範囲)

生協が、当サイト上における掲示、又は、その他の方法により規定する個別および追加の規約は、本規約の一部を構成するものとします。
また、本規約と個別の規約および追加の規約が異なる場合は、個別の規約および追加の規約が優先するものとします。

第3条(規約の変更)

生協は、eフレンズ会員の承諾を得ることなく本規約および個別の規約ならびに追加の規約を変更できるものとし、当サイト上での掲示、又は、その他の方法で告知することにより、その効力が生じるものとします。
2 eフレンズ会員が本規程の改定後に、当サイトを利用することにより、規程の改定に同意したものとみなします。又、eフレンズ会員は、規程の改定について、不承諾、又は、不知の申し立てはできません。

第4条(eフレンズ会員)

本規約における「eフレンズ会員」とは、生協の「組合員の資格」を有し、かつ、本規約を承諾し、所定の手続きにより当サービスの利用申し込みをおこない、生協が承諾し、eフレンズ会員コード(以下、会員コードという)とパスワードを貸与した者をいいます。

第5条(届出の変更)

eフレンズ会員は第4条の手続きにより届け出た内容(住所、電話番号およびメールアドレス等)に変更が生じた場合は、所定の手続きにより速やかに届け出るものとします。
2 生協は、eフレンズ会員がすべき前項の届出を怠った場合において、eフレンズ会員に生じる不利益については、その一切の責任を負わないものとします。

第6条(eフレンズ会員の退会)

eフレンズ会員が当サービスから退会を希望する場合は、生協の手続きにより届け出るものとします。当サービスから退会したeフレンズ会員は、当サービス上で有する特典などの権利を失うものとします。

第7条(eフレンズ会員資格の取り消し)

eフレンズ会員が以下の事由の何れかに該当する場合、生協は、eフレンズ会員に事前の通知をすることなく、eフレンズ会員資格の取り消しができるものとします。
(1)生協を脱退した場合。
(2)生協への届出内容に虚偽があった場合。
(3)電話、FAX、電子メール、その他の手段によってもeフレンズ会員との連絡がとれなくなった場合。
(4)本規約8条の行為を行った場合。
(5)本規約の条項に違反した場合。
(6)生協がeフレンズ会員として不適格と判断した場合。
2 前項の規定に従ってeフレンズ会員資格が取り消されたことにより、当該eフレンズ会員、又は、第三者に生じた損害について、生協はその一切の責任を負わないものとします。

第8条(eフレンズ会員の禁止事項)

eフレンズ会員は当サービスを利用するにあたり、以下の行為および本規約の他条項で定める禁止事項をしてはならないものとします。
(1)生協の承諾なく、営業活動、営利活動およびそれらの準備を目的として、当サイトのサービスを利用する行為。
(2)会員コードおよびパスワードを不正に使用する行為。
(3)公序良俗に反する行為、犯罪行為、又は、それらに類する行為。
(4)法令、条例などに違反する行為。
(5)選挙活動、政治的活動、宗教的活動、又は、それらに類する行為。
(6)他のeフレンズ会員もしくは第三者ならびに生協の知的財産権、プライバシー等の権利を侵害する行為。
(7)手段を問わず、当サービスの運営を妨害する行為。
(8)未成年者において、法令、条例等で購入を禁止された商品の注文行為。
(9)事実に反する情報の書き込み行為。
(10)特定の団体、人物、製品等への誹謗、中傷、又は、名誉を傷つける情報の書き込み行為。
(11)他のeフレンズ会員および第三者を誹謗中傷、罵倒する情報の書き込み行為。
(12)他のeフレンズ会員および第三者の個人情報を本人の承諾なく書き込む行為。
(13)当サイトの各サービスにおいて定めた投稿ルールがある場合に、その投稿ルールに違反する行為。
(14)サーバに負担をかける行為および他のeフレンズ会員のアクセスや操作を妨害する行為。
(15)アフィリエイトのリンクを含む情報の書き込み行為。
(16)公序良俗に反する他のサイトに誘導する行為。
(17)おすすめコメントに、当該商品と無関係の内容を書き込む等、当サイトの各サービスにおいて、無関係の書き込みをする行為。
(18)犯罪に関する情報や衛生管理上の問題等、しかるべき公的機関へ届け出るべき事項に関する情報を書き込む行為。
(19)当サイトの書き込み可能な箇所に、同一または類似の文章を書き込む行為。
(20)その他、生協が不適当と判断する行為。

第9条(必要な機器等の費用負担)

eフレンズ会員は自らの費用負担と責任で、当サービスを受けるために必要な通信機器、コンピューター、その他の機器、ソフトウェア、電話利用契約等を用意し、自ら選択したインターネットプロバイダーを経由して当サイトにアクセスすることとします。

第10条(eフレンズ会員コードおよびパスワード)

eフレンズ会員は当サービスを利用するにあたり自己の会員コードおよび取得したパスワードの管理責任を負うものとします。
2 eフレンズ会員は会員コードおよびパスワードを、第三者に対し提供、貸与、譲渡、名義変更、売買、質入等、いかなる処分行為をしてはならないものとします。
3 eフレンズ会員は会員コードおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって受けた損害は自身で責任を負うものとし、生協は一切の責任を負わないものとします。
4 eフレンズ会員は会員コードおよびパスワードの盗難、第三者による使用が判明した場合、直ちにその旨を生協に通知するとともに、生協からの指示がある場合は、その指示に従うものとします。
5 eフレンズ会員が会員コードおよびパスワードを失念した場合は、生協が別途指定する手続きに従うものとします。

第11条(著作権等)

eフレンズ会員は当サービスを通じて提供される著作物、情報などを著作権等の権利者の承認を得ずに、複製、出版または放送するなど、会員個人の私的使用の範囲を超えて使用することはできません。
2 別段の定めがない場合、当サイト上で提供されるコンテンツの著作権等の知的財産権は、生協、又は、コンテンツ提供者に帰属するものとし、各コンテンツの集合体としての当サービスの著作権など、知的財産権は生協に帰属するものとします。
3 eフレンズ会員は本規約に反して、著作権等の知的財産権に係る紛争が生じた場合、自己の責任において、その問題を解決するものとし、生協はその一切の責任を負わないものとします。
4 当サイトを利用してeフレンズ会員が「書き込み投稿等(以下、書き込み等という)」を行う場合には、eフレンズ会員は、生協に対して、この書き込み等を日本の国内外において無償且つ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾し、生協に対して著作者人格権を行使しないものとします。
5 当サイトにおいて、eフレンズ会員より得られた情報、アイデア等が、新たな商品、サービスに反映された場合、その商品、商標、意匠、特許等の実現に関する権利は、生協に帰属します。

第12条(当サービスの変更)

生協は、eフレンズ会員に事前に通知することなく、当サービスの内容を変更することがあります。
2 前項により、eフレンズ会員および第三者に不利益、損害が生じた場合、生協はその一切の責任を負わないものとします。

第13条(当サービスの中断中止)

生協は以下の何れかの事由に該当する場合、eフレンズ会員に事前に通知することなく 当サービスの一部もしくは全部を中断、中止または停止することがあります。
(1)当サービス運営のためシステムの保守、工事を実施する場合。
(2)火災、停電等、不測の事態により当サービスの提供が困難となった場合。
(3)地震、噴火、津波、洪水等の天災により、当サービスの提供が困難となった場合。
(4)戦争、暴動等の事変および労働争議等により当サービスの提供が困難となった場合。
(5)第1種通信事業者の役務が、提供されない場合。
(6)その他生協が運用上あるいは技術上、当サービスの中断もしくは停止が必要であると判断した場合。また、不測の事態により当サービスの提供が困難と判断した場合。
2 生協は、本条に基づく当サービスの中断、停止により、eフレンズ会員、又は、第三者が被った不利益、損害について、一切の責任を負わないものとします。

第14条(個人情報の取扱い)

生協は、別に定める「個人情報保護の基本的な考え方(eフレンズ会員が所属する生協の個人情報保護方針に基づく) 所属生協」に基づきeフレンズ会員の個人情報の適正な管理に努めます。

第15条(情報の活用)

生協は、各事業の発展を目的として、当サイトに、eフレンズ会員から書き込まれた情報、アクセスログ等の情報を、 第14条の定めに反しない範囲で、分析、集計、移動、複写を行うことができます。

第16条(第三者サイト等との提携)

eフレンズ会員は、生協が当サイトにおいて、第三者サイトへ誘導する広告やリンクを掲示することを承認します。
2 生協は、第三者のサイトで提供される商品やサービスに関して責任を負いません。
  但し、第三者サイトであっても、その商品とサービスが、生協自身の事業としてeフレンズ会員に対して提供された場合は、この限りではないこととします。
3 eフレンズ会員は、本条第一項に定める広告により生協が第三者から対価を得ることを承認します。

第17条(免責事項)

生協は、当サービス上で提供された内容、情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性、最新性等のいかなる責任も負わないものとします。
2 eフレンズ会員は、自らが書き込みをした情報を構成するテキスト画像、その他のデータ等について、必要に応じて自らの責任で保存するものとし、東海コープ及び生協はこれらのデータの保存内容について保証しません。
3 当サービスの提供、遅延、変更、中断、中止、停止もしくは廃止によって、会員、又は、第三者が被った不利益、損害について、生協は一切の責任を負わないものとします。
4 当サイトにおいて、その書き込まれた情報、内容等から生じた紛争に関し、生協は一切の責任を負わないものとし、当該eフレンズ会員の自己の責任と費用をもってこれを解決します。


第18条(損害賠償)

eフレンズ会員は当サービスの利用によって他の会員、又は、第三者に対して損害を与えた場合、自己の責任と費用を持って解決し、生協は一切の責任を負わないものとします。
2 eフレンズ会員が、本規約に反した行為、又は、不正、違法な行為によって生協に損害を与えた場合、生協は、当該会員に対して相応の損害賠償の請求ができるものとします。

第19条(運用委託)

生協は、当サイトの日常運営を「生活協同組合連合会東海コープ事業連合(以下、東海コープという)」に委託します。

第20条(管轄裁判所)

当サービスにおいて、eフレンズ会員と生協との間で問題が生じた場合には、eフレンズ会員と生協で誠意をもって、これを解決するものとします。
2 前項にもかかわらず協議によっても解決しない場合には、eフレンズ会員が所属する生協の所在地を管轄する裁判所を第一審における専属的合意管轄裁判所とします。

第21条(改廃)

この規約の改定は、生協の代表理事で構成する東海コープ常任理事会の承認をもって行います。

(附則)
本規約は、2011年(平成23年)10月3日から実施する。